豊田国際体操
開催要項
協賛・協力
出場選手
大会のようすNEW
Lastyear's Report
大会記録
Result of History
チケットについて
会場案内図
交通アクセス




昨年大会のようす
- Lastyear's Report
|大会1日目|大会2日目
18歳橋本 あん馬初V

種目別で競う豊田国際体操競技大会(中日新聞社など主催)は14日、愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で男女の5種目を行い、あん馬は橋本大輝(千葉・市船橋高)が15・033で初出場初優勝を果たした。男子床運動は全日本選手権覇者の谷川翔(順大)が14・600で制し、オープン参加で順位がつかない白井健三(日体大大学院)は2位に相当する14・500だった。つり輪は神本雄也(コナミスポーツ)が14・733で優勝した。

女子は畠田瞳(セントラルスポーツ)が跳馬と段違い平行棒で3位。段違い平行棒では寺本明日香(ミキハウス)が4位、跳馬では松村朱里(ジム・ネット教室)が5位に入った。世界選手権3冠のニキータ・ナゴルニー(ロシア)は3種目に出場し、つり輪の3位が最高だった。

五輪へ伸びしろ実感

目標としていた得点に達しても、あん馬を制した橋本はあえて課題を強調した。「脚をぶつけてしまったり、すってしまったり。もっと質を高めたい」。来夏のひのき舞台で確かに表彰台を見据えているから、自分への要求もおのずと高くなる。

技の難しさを示すDスコア(演技価値点)は、この秋の世界選手権より0・5も高い6・5。序盤にE難度の「アイヒホルン」を入れたことで、全体を通して息をつく暇がなくなった。大きなミスなく通し切るだけでも難しい構成。出来栄えを評価するEスコアは、試合前に目安としていた8点台後半に乗せたが、伸びしろと改善点はまだまだ残されている。

チーム最年少で挑んだ世界選手権はあん馬で種目別決勝に残るなど、世界と渡り合う足掛かりを得た。東京五輪までにDスコアとEスコアで計2点近い底上げをはかり、世界選手権の個人総合を制したナゴルニーに食い下がろうとしている。

この日の橋本のあん馬を見たナゴルニーは、「彼にはオールラウンダーとして輝かしい未来が待っている」とたたえた。世界王者にライバルと認められた18歳の新鋭は「旋回の質は良くなっている。そこが評価されていることは分かった」と手応えも感じている。

伸び伸びやり完勝 つり輪・神本

世界選手権代表の神本雄也は、つり輪でDスコア、Eスコアともトップの14・733で完勝。世界選手権の種目別決勝を逃した悔しさをバネにして臨み、「これが決勝だと思って、いつも通りの演技を心掛けた。ガッツポーズも出ました」とにっこり。「世界を経験したので国内では伸び伸びとやれるようになった」と精神面の成長を強調していた。

白井超え初優勝 谷川翔

個人総合で日本選手権2連覇中の谷川翔が床運動で14・600をマークして初優勝。オープン参加で2位相当だった第一人者の白井を0・1上回ったことに「自分の点数は出過ぎ、ラッキーという感じ」と謙遜しながらも「健三君に(床運動で)勝つのはうれしい。得意種目なので、健三君に追いつけるように頑張っていきたい」と東京五輪の新エース候補として、強気にライバル宣言した。

「この技のため、豊田に来た」 1年ぶり「シライ3」

自らの代名詞だった大技に挑むのは、去年のこの大会以来ちょうど1年ぶり。男子床運動の白井は、練習でも決められていなかったH難度の「シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり)」を成功させた。「この技をやるために豊田に来た」。自信を取り戻すには欠かせない一歩だった。

今季は春先に左足首を痛め、ひねり不足を厳しく評価する採点にも苦しんだ。技の難度を落として対応しようとしたが、得点が伸びずに世界選手権代表からも落選。「採点傾向に自分を合わせるのではなく、自分が一番良かった時に戻ろう」。高難度の技で勝負する原点に立ち返る決断を下した。

14・500の得点は、15点台が当たり前だった以前と比べれば物足りない。ひねり不足の課題も残っているが、「来季に向けてしっかり戻していける」と手応えはつかんでいる。かつて圧倒的な難技で世界を席巻した白井が、復権へのスタートを切った。

世界王者は苦戦

世界選手権の団体、個人総合、種目別跳馬で金メダルのナゴルニーは3種目に出場したが、得意の床運動で尻もちをつくなど、本来の力を出せなかった。日本製の器具が合わなかったといい、「床はいつも使っているものより堅く、跳ぶのが難しかった」と振り返った。

東京五輪では、その日本製の床が使われる。「器具に慣れていかないといけない。新しい器具に挑む時には、失敗は当然のプロセス」と話した。



(左)あん馬で優勝した橋本大輝、(右)男子床運動で「シライ3」を成功させる白井健三
(左)あん馬で優勝した橋本大輝
(右)男子床運動で「シライ3」を成功させる白井健三
|大会1日目|大会2日目


| HOME  | 開催要項  | 協賛・協力  | 出場選手  | 大会のようすNEW  | 大会記録  | チケットについて  | 会場案内図  | 交通アクセス |
本ページ内に掲載されている記事・写真などの情報の一切の無断転載を禁じます。
Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved

ページトップへ